• TOP
  • >
  • NRMS Inspection Service

NRMS Inspecion Service

進化するウイルスに我々はどう対応していくのか?

 従来、セキュリティ対策と言えば、PCに対するウイルス対策とネットワーク上にファイアウォール機器を設置すれば十分と言われていました。

 ところが昨今、標的型攻撃と呼ばれる、特定の企業・組織を狙った攻撃や、ネットバンキングに対する不正送金の被害、情報漏えい事故に対する損害賠償などサイバー被害に関する話題は増加の一途を辿っています。

 しかもこうした被害に遭遇された企業であっても、従来型のセキュリティ対策(ファイアウォールの設置、ウイルス対策ソフトの導入)が実施されているケースがほとんどです。

「進化する攻撃者に対して、防御側も更なる進化が求められる。つまりセキュリティも時代に合わせた対応をしていかなければならない。」

 弊社はこのような時代に何が必要なのかを含め、セキュリティを通して一つでも皆様のお役にたてればと願う次第です。

状況分析の重要性

 数秒に1回未知のマルウェアがダウンロードされるという昨今、また、巧妙かつ、様々な手段において
送り込まれる攻撃者の手口から我々の日常業務は絶えず脅威にさらされております。

 このような状況の中、仮にマルウェアに感染した場合の該当端末の対応としては、

  ① ネットワークケーブルから遮断
  ② その後の調査
  ③ 調査の結果、不正ファイルがあれば該当マシンをクリーンな状態に戻す

 上記は、「情報漏えい」という2次3次被害を防ぐためにも、最低限必要な手順となりますが、
お客様にとって本当に必要な業務システムを守るために、弊社では更に発展するIoTシステムにおいて、
いつ、誰が、どこで、何を、なぜ、どのようにしたのかを分析する事に加え、日々の運用監視が
今後ますます重要であると考えております。

 このようなお悩みを解決すべく、NRMS Inspection Serviceでは、弊社専門スタッフが、
貴社に成り代わって監視・分析、結果を定期レポートでご報告致します。

NRMS Inspection Serviceの構成

情報漏えいにも繋がる外部への不正通信に対して

サンプルレポート





レポートのサンプルはこちら

NRMS Inspection Serviceのまとめ

  ✔ ログ診断によるセキュリティチェック
  ✔ 脅威情報のレポート送信
  ✔ 脅威情報の見える化
  ✔ 診断レポートによる診断結果確認


※本サービスの詳細なご案内をご希望の方は、是非こちらよりお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ

NRMS